RAKUGAKIYA BLOG

冒険の書を読みますか?

似顔絵24267★文化の違いで起きた悲しすぎる事件

寄せ書きしちゃえるラクガキヤにがおえ♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

さすがにきのーは出発から4日、ということでホテルに帰り着くなり眠りにおちてしまいました。。

フィレンツェの思い出は写真が多すぎるのでまたあとで、ということで。。。

 

イタリア、さすが日本からかなり離れてるだけあって色々と勝手がちがいます。

たとえば階数の表示。

なんと日本でいう1階が0階!

image

日本の2階が1階なんです。

うーんおもしろい。

ホテルの金庫1つでも閉め方が全然違うので解読がむずかしいです。

image

しかしまあ同じ人間がつくったもの。

ちょっとかんがえれば、なーんだ、ってなもんです。

 

しかし、こうしたちょっとしたやり方の違いから、昨夜事件がおきました。

 

ホテルのシャワー。

 

奥さんがシャワーがでない、と。

 

眠たすぎて、そう言ってるのを聞いたのですが、マコは眠りにおちてしまいました。

 

朝起きると、やはりシャワーがでない、と。

 

見た感じなんの変哲のないシャワー。

image

出ないのはひどいな、部屋を変えてもらおうか、

といいながら色々試してみると、

シャワーノズルを上にひっぱるだけでシャワーに切り替わりました。

image

ノズルが固かっただけだよ、さあシャワーをあびなさい

 

と奥さんに言うと、

 

もう昨夜入った、と…。

 

え?

 

お風呂をためたの?

 

と聞くと…

 

コップで水を汲んで体にかけた…と…!

…ッッッ!

 

事件です。

 

うちの奥さんの発想のアナログさに感動です。

 

逆にその発想はなかった。。

 

ホテルになんとかしてもらおうとは考えず、自分でなんとかしようとするその心意気に感動です。

 

ちなみにトイレと同じ高さの洗面台の正体もわかりました。

image

なんと、ウォシュレット、らしいです。

日本のロボットみたいなウォシュレットに慣れてしまっているぼくらには想像もつかない。

うちの奥さんと同じ発想のひとがつくったに違いない。

 

iPhoneから文化の違いはほんとおもしろい。チカラあわせて進化していくのもほんとすばらしい。マコの投稿

コメントを残す


※画像のみの投稿はできません。