RAKUGAKIYA BLOG

冒険の書を読みますか?

991!君に届け

いつもお世話になってるアッパーガーデンの店長さんが、退職とのことで寄せ書き用色紙のご依頼です!
アッパーガーデンは自然いっぱいのとても過ごしやすいダイニングバーです。
★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
さー大分に帰ってきて夜9時に寝て朝8時に起きるとゆー完璧な生活リズムになってしまったマコです。
いや、寝過ぎ!
まこんちのベッドはまじでネゴコチ抜群なのです。

ソノゴノニガオエ♪

☆へへ★
もらってくれた人が笑っていたら、
おいらは描いたかいがあったってもんだ。
ありがとうよう。
こんな気持ちになれるから
やめらんねえ。
おれは、求められなきゃ
何も生み出せねんだ。
もっと必要としてくだせえ。
もっともっと。
おれがしたいことってーのは、
笑わせてえだけなんだあ。
小学四年生の頃
「世界一の漫画家になる」
っていったちびマコに対して
「どうやったらなれるの?」
と、誰かが聞いた。
ちびまこは
「世界中のひとりのこらずの人を笑わせれたら」
って答えたそうな。
手段はなーんだっていい。
おれは、この先どうなろうが
それだけ忘れずにおっちょくけん。

マコ

コメントを残す


※画像のみの投稿はできません。