RAKUGAKIYA BLOG

冒険の書を読みますか?

雲ひとつある空

筋斗雲みたいな もくもくした雲

まるで様子を見に来たかのように

公園の上に浮かんでいる

いつもの大きな雲たちは

こないだの雨で大地に降り注ぎ

まだ 空へ帰る途中

先に帰ったものもいれば

ゆっくりとその時を待つものも

なにをどうしようとするわけでなく

降り注ぎ 帰る

それを繰り返すこと

それは

この大地の恵に欠かせない

大きな役目になっている

 

この ひとつだけでやってきた雲は

どこへ降り注ぐのだろう

楽しそうに汗をかき笑いあう子どもたちを見て 何を思っているだろう

一緒に遊ぶことは難しくても

プカプカ近くに浮かべてる

みんなが遊びをやめる時には

きっと

どこかに 降り注いでいるだろう

ーーーーー

朝 詩を朗読してます。

谷川俊太郎さん やなせたかし先生 まどみちお先生

言葉少なく 想いを やさ〜しく 受け取りやすく 伝えてくれています。

ふと

その、真似事をしてみました😚まだ余計な言葉が多いよな〜 むだむだぁ

この雲の写真はこないだ、千坊のスイミングの帰りに寄った公園で見かけ写真を撮ったやつ。

毎日ブログを発しようと思っても、朝起きてから夜寝るまでもくもくと注文の絵を作ってるもので 写真フォルダには まだ表に出せない絵しかありませんし 子供と生活していたら面白エピソードは毎日あるのですが それはいつか漫画にしたいなあと文章にするのを出し惜しみ。

過去に撮った写真に合わせて、思い浮かんだ言葉を並べてみました😳

 

自分の直情的な気持ちばかりを殴り記してきたブログも そろそろ卒業したいなあ と。

読み返してみると、つくづく

自分をわかってほしい。が止まらない、これまでです。

 

この文章の前にいてくれている あなたに 延々と自分の話ばかりして 聞いてくれなくてもいい みたいな言いっぱなしの物言い。

お恥ずかしい。

きっと、このブログを読んでくれてるひとは 私に絵を頼もうとしてる人 か、 私の絵を持っていてくれているひと。

それを忘れ…独り言のように湧き出る自我をとめどなく ほんとすみません😳

 

今日からは、もうすこし 受け取りやすく 記してみます。

いい年だしね😁 いつまでも受け取り手に頼った立ち回りはしてはいられません。

私は漫画家にもならなければなりませんし、ちょうどよいではありませんか。

きっと 自分のために 結果のために描こうとしていたから 描けなかったんだと 腑に落ちる。

もう描けるさ。

いつだって描ける。

 

自分の 感動したことが あなたにちゃんと届くように 伝えられるようになるまで…何卒よろしくお願いします。

すぐには 無理かもだけど…

長い目でね!

長い目でねぇ〜〜!!

あなたはこの冒険の書を読んだ
人目の鼻毛が出てる人に「でてるよ!」と言えないひとです。