RAKUGAKIYA BLOG

冒険の書を読みますか?

似顔絵65484★凄い人に出会えても、もう自慢しないんだ。

むかしの自分だったら、すーぐ自慢する材料にしていた。

だれと会えたとか、誰と知り合いだからとか

自分が凄いわけじゃないのに

自分を大きく見せるために得意げに…

 

それがダサいことだってわかってた。

 

それを聞いて、見て、「すごーい」と言ってるひとが、ほんとはそんなに凄いって思ってないこともわかってた。

 

それでも、それでも、自分との時間に、少しでも価値を感じて欲しくて、頼まれてもいないのに…大盛りに、山盛りに、自分を伝えようとしていた。

つまるところ

私が欲しているのは、凄いものでも、得することでもない。

 

自分をわかってもらいたい、ということ。

 

そんなのなくても、あなたと会えて嬉しい、って言ってもらえること。

 

見た目や、持ってるものとか、能力とか、才能じゃなくて…

 

ただ…そこにいるだけで嬉しい、

一緒に入れるだけで嬉しいって思ってもらえること。

 

それだけがほしいのに

なぜか

目に見えるもの

聞こえるもの

味が濃いもの

肌に刺激のあるものが必要な気がして夢中で求めていた。

 

よほどさみしいから。

 

さみしくてさみしくて仕方なかったのだろう。

 

どんな有名人も

お金持ちも

この平凡な私と同じように

そう感じてるのかもしれない

と、思えることがあった。

 

つまるところ

立場がどんなだろうとひとは同じようにさみしくて、うれしくて、かなしくて、しあわせを感じる。

場面や具合が違くとも…

 

遠い昔

むかしむかしのむかしから

声をかけ続けてくれてるひとが

なぜ自分を大切に思ってくれているのかを考えた。

 

それを当たり前だとか、方法だとか、前例とか理屈や論理に当てはめないで素直に、受け取めよう。

 

わかってほしいのなら、わかってもらえるように、ただぶつけるんじゃなくて…伝えるチカラを強めていきたいと思うんだ。

 

まだまだ遠い遠い道のりだけど、いっこずつ、いっぽずつ。

 

頑張りまーす✌️

 

あなたはこの冒険の書を読んだ
人目の可愛いお母さんです。