RAKUGAKIYA BLOG

冒険の書を読みますか?

似顔絵61747★恋人はいずれ家族に♡

つくづく光栄な、大切な人への贈り物に選んでいただける中で…中でも恋人との絵は気合い入ります。

ラクガキヤが似顔絵描いたカップルは絶対に別れない

なーんてジンクスがあれば嬉しいんですが、実際は中々そうもいかないのが現実で…

でもひとつだけ確かな真実があるとしたら、ラクガキヤが描いた、ということは 『ずっと一緒にいたい』とその時は本当に思われていた…想われていたんです。

それだけで充分だと思えるくらい、絵を贈りたいと思う気持ちは尊くて、身が引き締まります。

 

実は昨日、湯布院の湯の坪横丁に似顔絵を描きに行ったんですが10人しか描けませんでした。

イベントに行けば、1日に50人から100人描く自分としては本当に悔しく…ほんと調子に乗っていたな〜…と自覚させられました。

例えばバルセロナのメッシとアルゼンチン代表のメッシの違い的な。良く言いすぎ?笑

しかし、自分の力を引き出してくれる仲間たちと伸び伸びプレイできる環境だけに甘えず、その時間をもっと圧倒的に喜ばれるものにするために、自分で選んで進む場所は、なるべく困難で、そう簡単ではない場所へ進もう。と思いました。

まちがいなく困難なほうに宝物は眠っているという予感があります。

 

そして、冒頭で 10人しか と言いましたが、その10人に出会えたことが、いつもの50人100人と変わらないほどに尊くて唯一のものであることも実感しました。

正直、湯布院のたくさんいる人に全く足を止めてもらえず折れそうになった心を、「うお〜すげぇ〜✨」と喜んでくれるその10人に一生分の勇気をもらったような気持ちになりました。

 

みんなに渡そうなんて思い上がらず

自分の絵を必要としてくれる人の為に、声を上げる

みんなに喜ばれようなんて欲張らず

自分の絵で泣いてくれる人の為に、頑張る

 

そう思えただけで、昨日の湯布院 湯の坪横丁での1日は一生忘れない日になりました。

 

いま、また湯の坪横丁にある四方山さんに向かっています✨

湯布院にお越しの方は豊の軍鶏、食べながら似顔絵も楽しんでください😊

必要な人に、必要な分だけ。

見つけてもらえるように、声を上げ続けるし、頑張り続ける。

今日、また出会える人に、最大限の感謝を込めて…

いってきます‼️

ちなみに昨日の反省点でひとつの答えがこのコスチュームです。笑

あなたはこの冒険の書を読んだ
人目の信念を貫くひとです。