RAKUGAKIYA BLOG

冒険の書を読みますか?

似顔絵46777★それでも続ける

…んー…

へいへーいっ

ふぅ

 

NEWS!

facebookページが2000いいね到達っ!

なかなかうれしい。8年からか前にはじめて、ちびちび増えていったものだから。

アメブロでラクガキヤ名乗り

ミクシーから人がいなくなり

みんなfacebookにいて

芸人仲間がみんなTwitterしだしてはじめて

LINEしてくれないと迷惑、と言われはじめて

いまやインスタだよと言われインスタはじめて

YouTubeだイチナナだShowroomだTikTokだと今、言われてて、もはや1日の余白ないですって感じなのだけど。笑

snsはまるでコミニュケーションや表現力など人間関係においての戦闘力を測るスカウターみたいな役割になってると感じる。

この時代、自身を知ってもらうためには使うべきなのだろうが

やらない、という選択肢もある。

だからなんだ、という話でもあると思う。

なにをやったほうがいいかなどもはや強いられる時代でもなくなにをやりたいかが認められる時代でもあると実感してる。

 

そんな風に考える中、すっかりラクガキヤのマコにどっぷりなわたしは、もともと自分はどんなやつだったのだろうと15の自分を知る友人に「おれもともとどんなやつだっけ?」と聞いた。

 

すると

「うーん、大した実力もないのに夢を語り、周りを巻き込み周りを振り回す我儘なくそがき」

と言われ…

 

わぁ

今と全然変わんね。って笑えた。

 

するとその友人は、もうひとつ付け加えてくれて

「ただそれはお前にしかできななかった事で、まこだったからみんな付いて来てくれた他の奴じゃ出来ない事をやってくれたくそがき」

と。

 

この友人と毎日肩組んで歩いてた頃、バンドにハマってて。

音楽というより“バンド”にはまってて、歌下手なくせに夢中になって毎日を惜しみなく注ぎ込んでた。

まさになにをやったほうがいいかなどには目もくれずなにをやりたいかにフルスイングできていた。

まるで1周回ってきた感じがある。

いや。2周回ってるかもしない。

15歳で高校を辞めてバンドに真剣になって、まあ二十歳で解散しちゃって職を転々として就職するんだけど

25歳で勤めてた会社をやめて芸人になった。

なにをやりたいかを10年経って選ぶことになっていた。

この時、アメブロでラクガキヤを名乗り、同時に大阪へ行きよしもとの養成所に入学した。

そこからの10年が今である。

この話の流れでいくと、今回のこの節目でなにか違う道に行きそうな感じがあるけれど(笑

今回は違う。

なぜならそのターニングポイント両方で、自分が成し得なかったことがあることに気付いたからである。

それは“それでも続ける”ということ。

続けてる者に続けてない者は追いつけない。

実力やある一定の評価などは才能やセンスで時間を飛び越えることができるかもしれないが

経験値というものは、ひとつの道を続けている者に勝りようがないのである。

その経験値には簡単に優劣をつけることができないようなかけがえのない決して同じ道を通ったものですら同じものを得れないほどの希少さがありそして価値があると感じる。

よって

“続ける”こと以上の説得力、信頼はないと断言できるのだ。

説得力、信頼というものは、この世の対人関係のすべてのシチュエーションにおいて最も重要なものである。

なので、もう10年続けてみようと思う。

 

まだ見たことのない、その先へ。

過去のマコが辿り着けなかったその先まで。

いっしょいくべ!

 

★★★★★★★★★★★★

ヤッホ!やほやほ。

イベントでもリクエストくれたらウェルカムボードバージョンに描けるよー!そのかわりお写真からはだめだから一緒に来てね♡

受付に飾ったら、ご参列者さまみんな笑顔になっちゃうよ〜♪

ホームページから注文してくれたらカチッと描いちゃうよっ★

この日に欲しい!って時までイベント行けない時や、おっきいサイズが良い時は注文してね♪

注文のご依頼はお写真から描くからサプライズできちゃうよ〜♪

ラクガキヤは大切な人を喜ばせたい人の味方です★

あなたはこの冒険の書を読んだ
人目のポテトのことを野菜と言ってめっちゃ食べる人です。