RAKUGAKIYA BLOG

冒険の書を読みますか?

似顔絵38947★まったけ!

あっとゆーまに暦の上では冬になってるみたい!

秋が通り過ぎちゃいそーなので 秋な話題を!

お誕生日に松茸いただいたことで

松茸づくしの夜ご飯の日がありました。

マッタケ♪マッタケ♪

 

松茸というと、どこかキャビア、フォアグラ、のような セレブなイメージがありますが、それはまわりがそう祭り上げてるだけで

キノコさ。

松茸側が一番そう思ってるはず。

チヤホヤされて 戸惑ってるはず。

希少価値という点で 価値が上がるのはいい。

大切に扱うのも良いと思う。

しかし不用意に 持ち上げるのはどうかと思う。

 

現に我が家では

「ま、松茸がウチに来たぞ!」

「マコ!落ち着いて!

「そうだな、、しかし季節もの。はやめに食さねば」

仕事中 そわそわそわそわ

「出来たよー」

ゴ、ゴクリ…

「い、いただきます」

パクリ

「ど、どう?」

「…うん。」

「普通にうまい」

「はは…。ハハハ…ッ!」

って、なんか変な空気になったからね。

 

もちろん香りがすごい良くて、いちばん「これが松茸かあ」って実感できたのはお汁で、抜群に美味しかった。

パスタも 素焼きも普通に美味かった。

そう、松茸だからってコッチがかしこまる必要はないということ。

逆に失礼にである。マッタケさんに。

素直な感想でいいのである。

他の食材さんたちへの接し方とおなじく。

もし松茸サイドがそれを鼻にかけてくるような態度でくるのなら椎茸さんや えのきさんに威張るような態度でくるなら

「ぼくは結構。あまり好きにはなれなくてね」

とハッキリ言ってやる。

↑タイタニックで自分を馬鹿にするセレブたちとの食事の中 キャビアを断った時のジャックドーソンの台詞です

 

マッタケづくしの夜ご飯を体験して マッタケさんと知り合いから友達になれたような気がした…。

 

また会えたらその時は…かしこまらずに

「オッス!元気してた?」

と明るく接しよう。

きっと、あなたのまわりで 威張ってるあのひとは ほんとは不安なだけかもしれない。

きっと、あなたのまわりで みんなに遠慮されてるあのひとも ほんとは あなたとふざけあいたいかもしれない。

 

まわりがつくったイメージではなく

あなたが 素直な心で 向かい合い

本当のあの人と 接してみよう。

 

どんな立場で どれだけ環境が違えども
つまるところおなじ命なのだから。

さて、と。

誰か豊後牛と松坂牛を我が家に送ってください。

★★★★★★★★★★★★

ウェディングの似顔絵は もはや定番!

幸せ願って描いています!

あなたはこの冒険の書を読んだ
人目の物を大切に扱うひとです。