RAKUGAKIYA BLOG

冒険の書を読みますか?

のびのび道場in延隆寺

子供たちが共に生活し、お寺に寝泊まりする修行にラクガキヤのマコ潜入っ!

第38回ですって。

わたし39歳。

ギリ年上。

こちらの修行に うちのこが参加するということでね、ホントは親から離れる修行なんだけどね、似顔絵を子どもたちにーってことでね!

あいまあいまに。

みんな楽しそうで😊

まさにのびのびっ。

最初はボソボソお経読んでた子供たちが、みんな帰る頃にはビシッと大きな声でお経読めるようになってて感動した。

消防士さんが講話に来られて、119番をいつ鳴らすかわからないから練習しとこうって内容で🥹すごくタメになるなーっと思った。

大人たちが子どもたちの、のびのびの為に動いてるのも感激でっ

お風呂は豪華に温泉貸切でっ!

風の郷さんサイコーでしたっ

さらに、ごはんは全部美味しくて😳

私も遠慮なく大満喫。

しかし…

相変わらず食べるの遅いうちのこ…

幼きマコそっくりやないかっ!

親から離れ周りを見て自分で考えて自分がどうするか決める、というのを育む修行でもあるので 要所要所、声をかけたくなるのを我慢するという 親としても修行になりました。。

今回ののびのび道場…私より若きお坊さんたちの主催(延隆寺の泰隆和尚ともうお一方OBとして支えてる)であり、バラエティに富んだキャラクターな大分チームで…漫画になるんじゃないかってくらい楽しい人たちだった😆

特に妙見寺の央運上人の法話は、、、目に涙が溜まりました。

すがらない、よくばらない、みえをはらない!と始まり、アニメを例に上げながら楽しく話だし…お釈迦さまのライバル的存在 ダイバダッタの話へ…そこから自身の実体験を元に自分が僧侶をしてる理由…

シビレました。

生きていく上で、色んな立ち位置がある中で…央運上人のような立ち位置が良いなって思えた🤭

それがどうゆうものか、言葉では説明できない。いつか漫画にしよう。こうゆう時のために物語で伝えるという手段があるのかもしれない。

とにかく、親である自分のガッツリ修行になりました!

 

延隆寺にある5つの誓い。

この5つだけのためにそれぞれ使うことができたなら…

まあほんと反射的にいらんこと言うし

言葉の意味に惑わされて、相手が本当に言いたいことを聞き取れないし

悪いとこ見たくなくて、目を背け距離を取ろうとするし

余分に手を出すわ、足を突っ込むわ

まーっ自分の痛みばかりアピールするっっ

それが私です。

🥸おほんっ

変われるのか。

フリではなく。

性根から。

心根から。

 

修行は続くよ、どこまでも…

 

にがおえ制作実績

現在70652名さまっ!

あなたはこの冒険の書を読んだ
人目の一生いまの希望を持ち続けられる偉大なひとです。