RAKUGAKIYA BLOG

冒険の書を読みますか?

似顔絵63958★I’s歯科・矯正歯科 両国【東京都 墨田区】

超カッコいいシュッとした伊藤院長先生と、すんごく可愛い笑顔の奥様の真麻先生❤️

両国駅降りて徒歩7分かな❓

墨田区緑1丁目のでっかい交差点の一角にどーんと構えるカックイイ外観の歯医者さん♪

院長先生は口腔外科のスペシャリスト✨

10年以上大学病院に勤め最先端の歯科治療に携わってこられたお方❗️

奥様の真麻先生は矯正の担当で、日本矯正歯科学会の「認定医」でいらっしゃいます😳

それぞれの専門性を地域の方に提供できるスペシャルな医院さんです❗️

ラクガキヤのマコに出番をくれたからには、より多くの方に知ってもらえるようスペシャル大尽力いたします❗️

全31組!過去最高組数じゃないかな😳

ご来場者さまもものすんごい数だった❤️

大学の同期の方もたくさんお祝いに駆けつけて来られていて…みんなから下の名前で呼ばれる院長先生ご夫婦、愛されてるな〜と感じました✨

I’s歯科・矯正歯科 両国

インスタはこちら

 

内覧会で似顔絵描かせていただいてもうすぐ4年になる私。

100に迫る数の歯科医院さまを見てきた私は今、こう思う。

ひとつとして同じ歯科医院さまはない。

けれど

どの歯科医院さまも

目指すところは同じ。

その町の人々の助けになるために開院され、ひとりひとりの患者さまへ真摯に向かい合っていくということ。

 

つくづく、ひとは、ひとりひとり。

似顔絵だけじゃなく、歯医者さんだけじゃなく、どの仕事もそうであろうゆえ

なにを当たり前のことを言ってるんだという話なのだが

今改めて、そう思う。

 

大人も、子供も、おじいちゃんもおばあちゃんも、赤ちゃんも、ひとりひとり、違う命。

どれだけ、ひとりひとりに真剣になれたか。

真面目に対面できたか。

 

それが仕事をする、ということなのではないだろうかと。

 

ラクガキヤを開業して、今日までコツコツ描いた似顔絵の人数を数えてきた私。

六万という数字をひとりひとり数えた気持ち悪いくらい地道な自分。

一方どこかで「何人描いた!」をハクにして自慢げに話したりするダサい自分。

ゆえ、描いた人数…数えるの…もうやめようかな、と考えた夜もあります。大変だし。

 

実際どっちでも良いと思うんだけど、

やっぱ

もうちょっと

数える。

数えてみる。

 

この今の気持ちを踏まえて、数える。

 

きっちりでなくて良い。

数えられる分だけ。

 

だれと競うでもない、自分との約束として。

 

数字にこだわるのは悪いことじゃない。

ただ、それが1の集合だということを一生忘れてはならない。

 

そう思いながら…羽田空港で皿うどんを食べました。 

お酢を七周くらいかけて食べると、ぶっとぶぜ❓

昔、リンガーハットで働いてた子が教えてくれた裏技です。

 

是非。

あなたはこの冒険の書を読んだ
人目の運命を司る者です。