RAKUGAKIYA BLOG

冒険の書を読みますか?

似顔絵62136☆金婚式のお祝い〜今こそウェディングドレスとタキシードで✨〜

線の少ないぼくの絵は、よく「描き込んでないのになぜか似ているね」と言われます。

タネも仕掛けもありません、マジックで描いてはいますけど🥸

というのはイベントでたまに言う返しではあるんですが。笑

確かに何も考えずに描いてはいるんですが、素直に想いは馳せてます。

特におじいちゃんやおばあちゃんを描くときには、若い時はどんな感じだったんだろう…とか。

金婚式は50年の夫婦の絆。

尊敬や憧れはもちろん、様々な思い出があってのおふたりの表情になってる。

理屈や論理じゃなくて、「そう!この顔!」って絵を描けたら似顔絵師冥利に尽きるというものである。

 

★★★★★★★★★★★★★

 

たった今、四国の旅の帰り道にいます。

運転してくれてる妻から「夕日が綺麗だから撮っちょって」と。

うーん。

こんなもんじゃない。

ぜんぜんこんなもんじゃあない。

とはいえ、良いカメラを使ったからといって…ましてや絵に描いたところで…

じゃあどうする?

この夕日の綺麗さを伝えるために、手段を対象に合わせて選び、出来る限りの工夫をして、ありつたけの表現をしよう。

 

“こうじゃなきゃいけない”というのは存在せず、ただ伝えられるかどうか。

 

先人たちの素晴らしい作品たちは参考にはしても真似るべからず。

 

自分は、自分には、こうとしか表現できない という素直な完成を目指したい。

 

それが絵でなくても良いのでは、とすら思えてきた。

 

とにかく重要なのは、

『伝わるかどうか』

 

自分が無意識に「こうじゃなきゃいけない」と思い込んでる…握りしめてるものをすべてほどいて…

 

素直に

ほぉら😊

って…

見せてあげたい。

 

いつかこの夕陽の綺麗さを伝えられる日は来るでしょうか…

 

ラクガキヤの絵は、伝えたいことを伝えられてるでしょうか。

“ぼくにはこう見えてる”と似顔絵を描き続けてる。

それはきっと、あなたのことが好きだ、と伝えてる。

 

そして、同時に…

あなたに、あなた自身のことを好きでいてもらいたい

と願ってる。

 

許せないものが多いひとはきっと、自分を1番許せない。

どうでもいいことばかりのひとは、自分をきっとないがしろにしてる。

 

大好きです。

だからなんだってわけじゃないんだけど、大好きなのは変わりません。

 

この、夕陽の綺麗さを伝えることが出来た暁には…

今まで描いた六万人の絵がそれこそこの夕陽みたいに輝いて…

また、もう一度笑ってくれますように❤️

 

では大分に戻りまーす♨️✨

あなたはこの冒険の書を読んだ
人目の敏腕刑事です。