RAKUGAKIYA BLOG

冒険の書を読みますか?

似顔絵29796★かじられたリンゴ

かじられたリンゴを見たら、みんな想像するのはあのマーク。

マコもiPhoneだしMacBookだしiPadだしデスクもMacだし、やっぱあのマークを想像する。

デザインしたひとの意図や、ジョブズさんの意図は検索したら出て来るけど、今やどれがほんとの意味なのかはわからずどれがほんとに有力なのか、ということだけしか証明できない。

たとえ本人が こうです。と言い張っても何年後かに、あ、やっぱこうだわ。って本人すらもなっていくこともあることから 本人の意見すらも99パーそうであっても100ではないのである。

そう

意味なんて変わっていく不確かなものなのである。

だから追求する意味がないなんていうことではなく自分がそれを見て どう感じたか が、大切だと思う。

これはこうゆう意味なんです。

あ、そうなんですか。

では、これは、どういう意味だと思いますか?

え、これはこういう意味だって言ってましたけど。

これじゃあだめ。

え、だってこういう意味だって言ってたじゃないですか。

ちがうちがう。

そう言われてるけど、あなたはどう思いますか?ってこと。

こう言われてるけど、やっぱりぼくもこういう理由からこうだと思います。

なのか

こう言われてるけど、なんかぼくはこうとしか思えません。のように自分がどう感じてるかという感想こそが生きた感想かと思う。

映画もドラマも漫画も本も歌も舞台もパフォーマンスも自分がどう感じたかが大切だとされる。

こういう意味では発信者よりも受信者のほうが能力が必要だとすらも思う。

現に マコは絵が描ける自分よりも 絵を見て感動できるひと マコの絵を選んでくれるひとのほうが凄いと思っている。

なにかを具現化するひとが天才と呼ばれたり  すごいと言われたらしがちだけど受け取ってくれるひと の心が豊かでないとその具現化された もしかしたら物凄いこの世界の宝物になりえるそれがなんの意味も持たないのである。

それなのにまるで個々で考えることを奪うかのように批評家が偉そうにこれはこういうことです。と決定づける。

そしてぼくらは  ああ、こんな偉いひとがこう言ってるんだからこうなんだろう。とその意味を考えもせず 感じもせず 知らず知らずに決定づける。

政治もそう。

会社内の人間関係もそう。

いまマコはどちらとも影響を受けない立場にいる。

だからこそ  自分の利益や 相手への恐怖なく 言えるのかもしれないけど

みんながみんな自分がこう感じるということをちゃんと発信していければ、どんな不正もどんな悲しいことも起きないんじゃないかとすら思う。

もちろんその感想が都合の悪いひとが圧力をかけてきたり 攻撃してきたりするかもしれない。

戦うのか 黙って従うのか それは自由に決めていいと思う。

みんなそれぞれ立場があるし こわかったりするだろーし。

でも  自分は、こう思う。ってのだけは 手放してはいけない。

それさえ持っていれば、そしてそれがみんなに共感してもらえる答えなのであれば必ず未来に具現化される。

もしかしたら その答えは みんなを救えるかもしれない。

みんなを幸せにできる 優しい答えかもしれない。

そしてこの不完全な現在を 許そう。

それはあきらめようという意味ではなく 逆である。

完璧になにも非の打ち所がなくなったとたん 遊びがなくなって 誰も身動きとれなくなる。

未完成を許し 成長を続けよう。

未完成にこそ 幸運はやどる。

その完全じゃない部分をどうにかしようと みんなの心をひとつにさせる。

だからアップルマークのリンゴはかじられてるのである。

アダムとイブは 楽園を追われ成長し続けることを選んだのさ。

神様は 本当はそんなに怒ってなんかいない。自分の命令に背いて茨の道を選んだふたりを見て もしかしたら すこし微笑んだんじゃないかな。と、マコは思う。

正解は知らないけどねー!!

さ、仕事しよーっと!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

あなたと あなたの大切な人を喜ばせる。

img_1984

それがぼくの仕事★だ★img_1985

似顔絵をとおして 思い出が結ばれてく♪

img_1108

最高に優しくてあったかい仕事だね♪

img_1110

好きなことを仕事にするってことは この世界を全開で生きていけてるってこと★だ★