RAKUGAKIYA BLOG

冒険の書を読みますか?

似顔絵25917★楽園にいこう

ウェディング似顔絵♪image色紙サイズのウェルカムボード♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

9月がもう10日になっているぅー!!

描いても描いても終わらなーい!!

うれしい悲鳴とはまさにこのことー!!

 

うひょーーーーー!!!

 

そんな時!

 

ラクガキヤホームページに!

 

かわいいやつらが登場しました。

image

マコとアップルヘッドボーヤとイヴくんです。

image

みんなでマコの絵を褒めていますね。

 

自画自賛とはまさにこのことー!

 

 

いやあ、マコの絵はね

 

自分で分析するに

 

ふつう。

 

だと思うよ。

 

謙遜なく。

 

超上手いわけでも、すんげー下手でもなく。

特徴的なわけでもなくシンプルなわけでもない。

 

しかしマコはね、それでいいと自負する。

 

オリジナリティってのは描いて描いて描いて描いて描いて描いて描いて描いて描いてその先にあるものだと思うから、

 

わざわざ作ろうとは思わないし

 

上手さ、と呼ばれる技術においても同じで

勉強はもちろん必要だけど

もともとの絵の良さってのは変わらないと思うのです。

 

 

いやいや、マコちゃん、7年前のブログ見たぞ。

あの頃よりは上手くなってるじゃないか!って?笑

 

いーーーーや!

 

単にペンや紙のスペースの使い方、道具の使い方を覚えただけさ。

 

それが絵がうまくなったってことやないかいっ!って?

 

 

そうゆうことなのさ。

 

絵の上手さの正体なんてそんなものさ。

 

誰だって描けば上手くなれるのさ。

 

 

大事なのはもともと自分がもってるもの、をどう表現するのか、ってとこだと思う。

 

それを伝わりやすくするために技術を勉強する。

まわりのうまいひとたちに埋もれてしまわないようにオリジナリティを追求する。

 

でも、そのために自分のもともとの誰にも真似できない部分を忘れないように。

と思う。

 

そしてマコの絵は、小学校、いや幼稚園の時から変わってない。

 

誰かのための絵なのです。

 

だんだんマコが誰かに渡すために描いてた絵が

仕事になった今、誰かが誰かに渡す絵になって…。

 

だからこそ、その誰かの想いが宿る絵にしたい。

その想いが宿って完成、としたい。

 

だから描いてるのはマコだけど、まるでその人の恋人のつもりで、親友のつもりで、時には家族のつもりで描いてます。笑

 

描き終わった頃にはモデルさんのことが大好きになっちゃってる、みたいな。笑

 

だってそうじゃん!

好きなひとじゃないとかわいく描けないじゃん!

 

いやはやもはやなんの話かわかんないけど、

マコは自分の絵がすげー気に入ってるってことです。笑

 

うんうん。

 

なんかまとまりが悪いので

アップルヘッドボーヤとイヴくんの紹介をしよう。

image

彼らはマコの絵を全国に届けるためにお手伝いをしてくれてるボーヤとネコです。

 

その昔、アダムとイヴはリンゴをかじってしまい楽園を追い出されちゃうんだけど

 

その失敗を経て

 

かじられる心配のないように体がついた進化したリンゴ。

それがアップルヘッドボーヤです。

 

そしていつもかじろうとしてるネコのイヴくんです。

ボーヤの後頭部にはイヴくんの歯型があると噂です。

 

もしホントにかじっちゃった時はラクガキヤのホームページから追い出そうと思います。

 

なのでかじられないようにみんな見といてくださいね。

 

 

では、仕事に戻ります!

 

iPhoneから楽園ってのがホントにあるならきっと、心から笑える場所なんだろな。マコの投稿

 

コメントを残す


※画像のみの投稿はできません。