RAKUGAKIYA BLOG

冒険の書を読みますか?

似顔絵42536★出会いをチカラに。

この写真めっちゃ良くない?

超お気に入りでね。

どこで撮ったかというと 納骨堂。笑

場所が場所だけに骨のある写真でしょ

ここは熊本県多良木にある延壽寺

町中みんなが協力してつくる通称“寺フェス”

花まつり

昨年は本堂の入り口側にラクガキヤブース設置されていたのだけど 今年はなんとお釈迦さまの目の前…背中越しにお釈迦さまにみられている形で。笑

ぼくじしん宗教に関心があるわけではなくて、好きなひとが大切にしているものは 理解したいし大切にしたい。ってくらいの好奇心でしかないくらいの信心なのだけれど

やはり仏の道をゆくお方たちはどこか 心が深く 引き込まれる説得力があります。

それはやはり 長らく伝えられてきた教えを 体の中におとしこもうと 信じ、祈り、修行してきたひとたちだからなのかと。

それは仏教だけでなく、音楽も 芸術も 経済も 政治も スポーツも…みんながそれぞれ信じているすべてのことに言える温故知新の精神なのではないかと。

あ!ぼくの好きな和尚さんです↓

杵築のお寺 “延隆寺”の泰隆和尚。

会ったことないのに個展に足を運んでくれて その後 ぼくのラクガキッズプロジェクトにも来てくれて…いちばん驚いたのは

バラの花をプレゼントしてくれたこと。笑

男の人から薔薇を贈られることが あるとは!

その薔薇がまた素晴らしくて 「サムライ」という名のバラでして。

もうおもしろい、とマコの好奇心は延隆寺に向かい 手を合わせに行ってみたのがきっかけで

その後 いろんな場面で精神的に救っていただきました。

こんなぼくが体感したように直接的ではなくても 「自分を信じるチカラをくれる」という意味では

お寺というのは とても駆け込みやすい場所なのでは★駆け込み寺という言葉もありますし

この場で出会う人たちはみんななにか輝きを秘めていて 特別な縁を感じずにはいられませんでした。

なかでもこのお方。

もともとはヒーローズデザインという社名を持つ デザイナーさまなのですが

現在は鹿児島県を代表するの達人!!!

その名も松田貴志!!…さん!

いままで凄いとされる字を見ても「ほえー」くらいのリアクションだったぼくが なんだか ぶるっと心が動いたんです。

これ昨年描いてもらった「楽」の字。

自宅事務所のマコ部屋に飾られてます。

なんか花火みたいというか 閃光のような すごいパァーッとはじけていて 自分にぴったりと感じたのです。(個人の感想です

宿泊した電車型ホテル ブルートレインの寝る前のじかん。イベントでみんな朝早いから夜更かしはせず サクッとおはなしさせてもらっただけなのに 「いつかこのひとのチカラを借りよう」と直感的に感じるかんじ。

ついには こんな仲良しな写真も。笑

これを撮ってくれたのは 花まつりに毎年登場する熊本 バッテンスタジオのヨンペイさん。納骨堂が1日だけ写真スタジオになるのすごくない?^ ^いきなりシャッターが効かなくなったり 不思議なことも起きるのは置いといて…笑

この方の写真…

この写真になんか強いパワーを感じてですね。

改めて今回、これからマコ、世界で描くという意思表示のプロモーションのため 御三方にご依頼しました!!

撮影者であるヨンペイさんに世界に挨拶するための写真を!

松田貴志さんに これから1番大事にしていくひと文字を!!

そして 泰隆和尚に自身の生涯のテーマである

地球上すべてのひとを描くのだ!」の成功祈願を!!

 

ビビってばかりのマコだけど、チカラを借りてやっと踏み出せる。

 

ひとってそれでいいと思う。

 

ぜんぶ自分でやった気になってる威張ってる嫌な奴にはなりたくない。

 

ひとりぼっちぶって小さく 安全に できることのみを繰り返していたくない。

 

 

こわいけど!踏み出すんだ!!!

もっと笑ってもらえるように!

じぶんを信じて

チカラを借りる!

 

 

おおきな出会いをくれた

延壽寺 花まつり

 

 

そして美味しかった お昼に食べたカレー…

感謝…